胃食道逆流症は制酸薬を飲むことで軽減される

年末は忘年会や飲み会続きで、たくさん飲んだり食べたりする機会が多いだけに、胸やけがする不調で胃薬を飲んだり、医療機関のお世話になる人も多くなる時です。
時期的に大量のビールやら焼酎や日本酒をあおり、脂っこいい魚メニューをお腹いっぱい食べれば、胸やけもしますし胃腸の調子だっていいわけがありません。
なぜこうした胸焼けの不快感が起こるかに関しては、こうした胃腸にとって負担のかかりすぎる飲食が引き金になります。
胃食道逆流症は胃酸の多い胃の内容物が穏やかに下降をするのではなく、食道へ逆流をしてしまうのがいけません。
こうした胃食道逆流症の発生は、脂肪の多い食べものをお腹いっぱい食べたり、そんな食生活が続いたりすると、特に起こりやすいです。
ただでさえも不快感を覚えやすいですが、体を曲げてみたり、横になったりすると、余計に症状はマイナスへ傾きますが、病院では制酸薬の処方などの対処があるので、お薬でだいぶ軽くなります。