在宅医療の一番のメリットは何なのか

在宅医療と一言で言っても二種類存在し、往診と訪問診療のふたつに分けることができます。
訪問診療とは何かというと、病院へ通うのが厳しい方の家に、ドクターがある一定の期間を設けて足を運び、患者のことを考えながら健康管理をするものです。
その一方で、往診については患者の体調が悪化した際、ドクターが患者の家まで足を運ぶことを言います。
そこで、在宅医療のメリットには何があるかというと、通院するのが困難な方でも、自宅にいながらでも治療を受けられることが一番のメリットです。
そして、ドクターが定期的に自宅に来てくれるので、患者の体調が良い悪い関係なく、症状をきちんとみてもらえます。
これにより、体調が悪化する前にその原因を見つけ出すこともできるため、体調がより悪くならないよう治療に専念することが可能です。
仮に、もし急に体調が悪くなったとしても、日頃から患者のことをみているからこそ、現れている症状に速やかに対応できるでしょう。